古銭は種類が豊富!歴史の流れとともに進化をしてきた

こんなにたくさんある!古銭の種類

日本のお金の歴史と種類

今現在、私たちが日本で使っている硬貨である円は明治時代の初めごろから使われ始めたものです。それまでは、両や文といった硬貨が使われていました。今はもう作られていない古いお金のことを古銭と呼び、様々な種類のものがあります。

江戸時代には小判などの金貨や銀貨、銅貨などが使われており、それぞれの藩の中だけで使用することができるお金も存在しました。そのため、取引をする際に面倒なことが多かったようです。そこで、日本全国のお金を統一するために、円を作って取引を円滑に行うことができるようになりました。古い硬貨の変換がスムーズに行うことができるように、1両を1円と定められていました。

では、江戸時代より前の古銭にはどのような種類のものがあったのかということですが、そもそも日本で初めて硬貨が使われ始めたのは飛鳥時代になります。それまでは、何かものを手に入れようと思ったら、それと同等の価値のあるものとの物々交換を行っていました。米や塩、農具などがよく交換に使われていました。

しかし、米や塩といったものを毎回持ち歩くのはかなり不便な上、長期間保存しておくことが難しいです。そこで、お金という概念が生まれ、お金を使ってものを買うようになっていきました。ちなみに、財、買、貨のようなお金に関する漢字に貝という字が使われている理由は、古代の中国で貝殻がお金の代わりに使用されていたためだと言われています。

683年に中国の貨幣である開元通宝をお手本にして富本銭と呼ばれるものが作られました。この富本銭という名前には、国も人々も裕福な暮らしができるようにとの願いが込められていると言われています。飛鳥時代の最後には和同開珎と呼ばれる古銭が作られました。富本銭は和同開珎に比べてあまり知名度がないため、多くの人は日本最古の古銭は和同開珎だと勘違いしています。安土桃山時代に入ると、豊臣秀吉が新しい金貨や銀貨を作り始めました。

中には天正長大判と呼ばれる17センチを超える大きさの硬貨も作られていました。この天正長大判は何か偉大なことをした人へのご褒美として作られたもので、庶民は見ることすらできなかったそうです。

江戸時代に入ると、徳川家康が日本全国のお金を統一した硬貨を作りました。金、銀、銅の3種類の硬貨があり、これらを使うようになったことを三貨制度と呼びます。このように、様々な種類の硬貨を経て、今私たちが使っている円という単位になったのです。こうした時代の背景を知ると古銭の奥深さがよくわかると思います。

その奥深さに魅力を感じ、コレクターの増加が後を絶たないのでしょう。だから古銭には価値がつき、そして一番高く買ってくれる古銭買取業者を選定するために、高額査定で古銭買取をしてくれる業者比較サイトがインターネット上には乱立しています。コレクターが一番好む古銭は記念コインで、とくに天皇陛下御即位の記念コインにはプレミアがついています。歴史的展示物になるような古銭でも、前述した歴史的背景に魅了されたコレクターからすれば非常に価値が高いので、別に記念コインじゃなくても査定してもらうと意外な値段がつく場合もあります。